セブンカードの特徴まるわかりナビ!メリット・デメリット・審査難易度を徹底解説

クレカの種類

カード基本情報

国際ブランド JCB/VISA
カードタイプ nanaco一体型・nanacoひも付型
年会費 【初年度】無料

【次年度以降】500円(税込)

※本会員、家族会員合わせて年間5万円以上利用で次年度年会費無料

入会条件 高校生を除く18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定した収入のある方

※未成年・学生の方は申込時に『親権同意書』が必要

還元率 0.5~1.5%
追加カード 家族カード/ETCカード

セブンカード・プラスはnanacoをもっとお得に便利にするクレジットカード

貯まるnanacoポイント

セブンカードで貯まるポイントは、nanacoポイントになります。

セブン・イレブン、イトーヨーカドーでは200円(税込)で3nanacoポイント貯まりとてもお得です。クレジット払いでは、200円(税込)で1nanacoポイントです。

ポイント還元率は、次のとおりです。

  • JCB・VISA加盟店…0.5%
  • セブン&アイグループ…最大1.5%

貯めたnanacoポイントも使いやすい

貯めたnanacoポイントは、以下のように使いやすさも抜群です。

  • 1nanacoポイント=1円として『電子マネーnanaco』に交換
  • 1nanacoポイント=1円として『オムニ7』でのお支払いに充当
  • 500nanacoポイント⇒『ANAマイル』250マイルと交換
  • 500nanacoポイント⇒『ANAスカイコイン』500コインと交換

nanacoポイントは、基本的に1ポイントから利用可能です。交換単位が小さいので、無駄にすることなく活用できますね。

「オムニ7」とは、セブン&アイの総合通販サイトです。食料品から洋服まで、さまざまな商品を購入できます。

出典:ポイントの使い方|セブンカード

さらに、提携先のANAマイル・ANAスカイコインへの交換もできます。

出典:ポイントの使い方|セブンカード

家族カード・ETCカードなど便利な追加カード

セブンカードの、便利な追加カードサービスは次のとおりです。

家族カード 【初年度年会費】無料

【次年度以降年会費】200円(税込)

※本会員、家族会員合わせて年間5万円以上利用で無料

ETCカード 【年会費】無料

【発行手数料】無料

※200円(税込)利用ごとに1nanacoポイント付与

カードタイプは一体型・紐付型の2種類

セブンカードには、『nanaco一体型』『nanaco紐付型』の2タイプがあります。

出典:ラインアップ・特長|セブンカード

セブンカードの基本的な機能は、どちらも同じです。用途に合わせてカードタイプを選べます。自分に合ったカードを選ぶとよいですね。

毎月8のつく日にイトーヨーカドーで買い物をすると、5%オフになるなどの特典もあります。

条件クリアで年会費無料

セブンカードの年会費は、次年度以降から500円(税込)です。本会員・家族会員の年間利用合計が、5万円以上という条件をクリアすれば、翌年も無料になります。

年間5万円を月々で計算しなおすと、1ヶ月あたり約4,200円です。年会費無料の条件はあまり高くないので、簡単にクリアできそうです。

海外でも安心のショッピングガード保険付帯

セブンカードには、『ショッピングガード保険(海外)』が付帯しています。

セブンカードで海外で購入した商品が、事故による破損・盗難などの損害にあったときに、以下の補償があります。補償があると、海外でも安心して買い物ができます。

補償金請求者 セブンカード本会員・家族会員
補償期間 セブンカードでの購入日から90日間
年間補償限度額 100万円
自己負担額 1事故につき1万円

セブン&アイグループ利用なら相性抜群!5つのメリット

セブン&アイグループをよく利用するなら、セブンカードのメリットはとても大きいです。

下記5つのメリットを詳しくみていきましょう。

セブンイレブンやイトーヨーカドーでポイント3倍

セブンカードをセブン&アイグループで利用すると、通常0.5%の還元率が1.0~1.5%にアップします。

主な対象店舗 ポイント還元率
セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズ 200円(税込)→3nanacoポイント
西武・そごう・アリオ 200円(税込)→2nanacoポイント

対象商品購入でnanacoボーナスポイントゲット

セブンカードで対象商品を購入すると、通常ポイントに加えてnanacoボーナスポイントをもらえます。通常とボーナスポイントの2つをゲットできるので、どんどん貯まっていきます。

出典:ポイントのため方|セブンカード

nanacoボーナスポイントの主な対象店舗は、以下になります。買い物をするときに利用して、たくさんポイントを貯めてくださいね。

  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート

イトーヨーカード「8」のつく日は5%OFF

毎月8のつく日(8・18・28日)はイトーヨーカドーのハッピーデーです。

セブンカードを利用すると、食料品・衣料品・住まいの品など、ほとんど全品を5%OFFで購入できてお得です。ただしネット通販やネットスーパーは対象になりませんので、注意が必要です。

イトーヨーカドー・ヨークマートで累計ボーナスポイント

4月~翌年3月末までの期間に、イトーヨーカドー・ヨークマートでセブンカードを利用すると、累計した達成金額によって、累計ボーナスnanacoポイントを獲得できます。

達成金額は、100万円・150万円・150万円以降100万円ごと、などです。

1年間に100万の利用でも、1ヶ月あたりでは約8万4000円です。日々の買い物を対象店舗でしていれば、あっという間に達成できてしまいます。

出典:ポイントのため方|セブンカード

nanacoチャージでポイント二重取り

セブンカードから電子マネーnanacoへクレジットチャージすると、200円ごとに1nanacoポイント付与になります。

さらにクレジットチャージしたnanacoで支払いすると、100円(税抜)ごとに1nanacoポイントが付与になります。チャージと支払いで、ポイントの二重取りが可能です。

支払い前には電子マネーをチャージして、ポイントを取り忘れないようにするのがおすすめです。

引用:セブンカード・プラスからnanacoへのクレジットチャージ|セブン&アイグループのお買い物はセブン・カードサービス

オートチャージも可能

セブンカードは、電子マネーnanacoへオートチャージできる唯一のクレジットカードです。

下記店舗で買い物をしたときに、nanacoの残高が設定金額を下回っているとセブンカードから自動でチャージになります。

  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー

200円オートチャージごとに、1nanacoポイント貯まります。オートチャージ設定にしておけば、うっかりチャージを忘れ、ポイントがつかないなんてこともなくなりとても便利です。

セブンカード3つのデメリット

セブンカードにもデメリットが3つあります。詳しくみていきましょう。

利用金額によっては500円の年会費が発生

セブンカードの年会費を毎年無料にするためには、「本会員・家族会員合わせて年間5万円以上利用」という条件のクリアが必要です。

セブンカードを作ったもののほとんど使わない、といった場合には、毎年500円無駄になってしまいますね。

通常還元率は0.5%と低め

JCB・VISA加盟店で、セブンカードを利用した際の還元率は0.5%と低めです。セブン&アイグループを利用しないなら、あまりお得なカードとはいえません

旅行損害保険の付帯無し

セブンカードには、旅行損害保険が国内・海外ともについていません保険が必要な場合には、旅行損害保険がついている他のクレジットカードにするのが無難です。

セブンカードの審査難易度は低め

セブンカードの入会条件は、とても幅広い対象者設定です。

  • 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方
  • 18歳以上で学生の方(高校生除く)

出典:カード詳細情報|セブンカード

セブンカードは、店舗の集客を目的として発行しています。審査難易度は低めです。学生の方や主婦の方でも、カードを作りやすくなっています。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループをよく利用する人には、

  • ポイントが3倍
  • 5%オフの日がある
  • ポイントの2重取りができる

など、さまざまなお得な特典があるセブンカードがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました