セディナカード(一般カード)は3種類!カードの特徴を解説

クレカの種類

セディナカード(一般カード)は、SMBCグループの株式会社セディナ発行のクレジットカードです。

一般カードの特徴は、以下のとおりです。

  • 一般カードは3種類、年会費や支払日、ポイントプログラムなどが異なる
  • 国際ブランドは、VISA、Master、JCB
  • iDとQUICPayが無料利用できる
  • ETCカードの発行には1,000円(税抜)が必要
  • セブンイレブンなどでポイントが3倍(付与率1.5%)になる
  • 三井住友銀行のATM手数料を無料にできる
  • 年間利用金額が多いと、ポイント付与率が高くなる

それぞれについて、詳しく解説していきます。

一般カードの基本情報

一般カードには3種類あり、年会費やポイントプログラムなどが異なります。

ここでは基本的な情報について、解説します。

一般カードは3種類

セディナカードの一般カードは、以下のとおり3種類です。

カード名 本人年会費
(税抜)
家族年会費
(税抜)
家族年会費
(税抜)
セディナカード 無料 無料 末日締め翌月27日払い
セディナカードクラシック 1,000円 300円 末日締め翌月27日払い
セディナCFカード 1,250円 400円 10日締め翌月6日払い

いずれも国際ブランドは、VISA、Master、JCBから選べます。

なおセディナCFカードは、初年度は年会費無料です。

カードによって、セブンイレブン、ダイエーやイオンで、ポイントアップなどの特徴があります。

支払方法は6種類

セディナカードの支払方法は、以下の6種類です。

支払方法 手数料(実質年率)
1回払い 不要
2回払い 不要
ボーナス一括払い 不要
ボーナス2回払い 必要(下の表を参照)
分割払い 12.20~14.96%
リボ払い 15.00%

またボーナス2回払いや分割払いの利用条件は、カードにより異なります。

支払回数 セディナカード
セディナカードクラシック
セディナCFカード
ボーナス2回払い 実質年率2.31~12.08% 実質年率3.43~10.29%
3回~20回払い 選択可 選択可
24回払い 20万円以上の場合は可 選択可
30回、36回払い 20万円以上の場合は可 選択不可

ポイントプログラムは、カードによって異なる

一般カードのポイントプログラムは、カードにより異なります。

項目 セディナカード
セディナカードクラシック
セディナCFカード
ポイント名 わくわくポイント ワンダフルプレゼント21
付与単位 200円(税込)ごとに1ポイント 1,000円(税込)ごとに1ポイント
交換レート 1ポイント=1円 1ポイント=5円
有効期限 獲得から2年間 獲得の翌々年度末まで

ポイントの付与率は0.5%と、一般的です。

獲得したポイントは、以下と交換できます。

  • 食品や電化製品、住まいの品など
  • 商品券(VJAギフトカード、図書カードNEXT、ジェフグルメカードなど)
  • 提携ポイント(nanacoポイント、dポイント、JALマイルなど)

キャッシング機能もある

一般カードには、以下のキャッシング機能もついています。

  • 利用枠は200万円まで(新規申込み時は上限50万円)
  • 金利は実質年率18.00%が上限
  • 返済は一括払い、またはリボ払い

一般カード共通の特徴

 

一般カードには、3種類に共通した特徴があります。

以下、特徴を解説します。

セディナカード

セディナカードクラシック

セディナCFカード

ポイントをお得に貯める方法が豊富

一般カードは下記のように、ポイントをお得に貯める方法が豊富です。

セブンイレブンでいつでもポイントが3倍

セブンイレブンで一般カードを使うと、付与ポイントが3倍になります。

毎日1.5%の還元があるため、かなりお得です。

セディナポイントモール経由でポイントが最大21倍

セディナポイントモールを経由して、ネット通販や宿泊予約サイトを利用すれば、ポイントが最大21倍になります。

iDとQUICPayが利用できる

一般カードでは追加サービスとして、後払い式電子マネーの「iD(アイディ)とQUICPay(クイックペイ)」が利用できます。

どちらも発行手数料・年会費とも無料です。

SMBCポイントパックの利用で、三井住友銀行のATM手数料が無料

以下の条件を満たすと、三井住友銀行のATM手数料が無料になります。

  • セディナ発行のクレジットカードの引き落とし口座を、三井住友銀行に
  • 引き落とし口座で、三井住友銀行「SMBCポイントパック」を契約

同じく上記の条件を満たすと、E-net、ローソン、セブン銀行ATMも、月3回まで手数料が無料になります。

銀行の優待サービス

パッケージツアーの費用が割引

セディナトラベルデスクに申し込めば、国内・海外のパッケージツアーが、3~8%引きになります。

セディナカード会員におすすめの、お得なツアー情報などもあります。

ETCカードの発行は有料

ETCカードの発行は、1,000円(税抜)必要です。

なお一度カードを発行すれば、年会費は無料です。

カードごとに異なる特典がある

一般カードでは、カードごとに異なる特典もあります。

ここではカードごとの特典について、解説していきます。

セディナカードの特典

セディナカード年会費が無料ですが、魅力的な特典があります。

年間利用金額が多いと、ポイント付与率がアップ

カードの年間利用金額が以下の金額を超えると、翌年から以下のようにポイント付与率がアップします。

利用金額 付与ポイント
50万円以上 10%アップ
100万円以上 15%アップ
200万円以上 30%アップ

トクトク!ステージ

ポイントを現金に交換できる

セディナカードでは、以下のとおりわくわくポイントを現金に交換できます。

引き落とし口座の銀行名 交換レート
三井住友銀行、ジャパンネット銀行 1,000ポイント=800円
上記以外の銀行 1,000ポイント=700円

キャッシングの初回利用で、7日間無金利に

新規入会後30日以内に限り、キャッシングの利用では、初回借入から7日間の利息が無料です。

セディナカードクラシックの特典

セディナカードクラシックには、無料のセディナカードの特徴に加えて、以下の特典があります。

イオンやダイエー、宇佐美SS、藤田観光でポイント3~5倍に

以下のお店でカードを使うと、ポイントがいつでも通常の3~5倍の付与になります。

店舗名 付与率
イオン、ダイエー、宇佐美SS 1.5%(通常の3倍)
藤田観光(ワシントンホテルなど) 2.5%(通常の5倍)

なお宇佐美SSの場合、「iDやQUICPay」の電子マネーで支払うと、ポイント3倍にならないので注意が必要です。

マルエツで毎週日曜日に5%引き

セディナカードクラシックは、マルエツや、マルエツプチでも優待があります。

毎週日曜日のカード利用では、5%引きになります。

セディナCFカードの特典

セディナCFカードは、ほかの一般カードと異なる特典もあります。

年間利用金額が多いと、ポイント付与率がアップ

カードの年間利用金額が以下の金額を超えると、翌月から以下のようにポイント付与率がアップします。

利用金額 付与ポイント
30万円以上 30%アップ
70万円以上 50%アップ

Uha!Uha!ステージポイント

フラワーサービス

セディナCFカードでは、「日比谷花壇の花」を特別価格で贈ることができます。

インターネットで注文すれば、指定した日に花が贈れます。

母の日や父の日の贈り物などに、最適です。

フラワーサービス

海外おみやげサービス

海外おみやげサービス」を使えば、おみやげを10%引きで購入でき、日本全国に送ることができます。

なお1ヶ所あたり送料が1,080円(税込)ですが、5,000円(税込)以上は、送料無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました