楽天銀行のデビットカードの特徴は、ポイント1%還元や豪華な付帯サービス

ネット銀行

楽天銀行では、ポイント1%還元の楽天銀行デビットカードを発行できます。楽天銀行デビットカードの種類は豊富です。VISAブランドが3種JCBブランドは1種計4種になります。

楽天銀行デビットカードの特徴について、解説していきます。

楽天銀行の特徴は、デビットカードを発行できること

楽天銀行はインターネット銀行です。その名のとおり楽天が運営しています。楽天銀行では、デビットカードが発行できます。

デビットカードは、銀行預金がその場で口座から引き落としになる仕組みです。対応する国際ブランド加盟店や、ネットショップなどで支払いができます。

デビットカードの国際ブランドはVISAとJCBの2種類

楽天銀行のデビットカードは、以下2つの国際ブランドを選べます。

  • VISA
  • JCB

VISAは、国際ブランドの中で最も加盟店が豊富です。国内や海外、ネットショップなどでの支払いに使いやすいです。海外旅行の機会が多いなら、海外でも加盟店が多いVISAを選ぶのがオススメです。

JCBは、日本発の国際ブランドです。加盟店は、主に日本国内が多いです。国内で買い物する機会が多い場合などは、JCBブランドを選ぶのがよいですね。

VISAの楽天銀行デビットカードは、3種類

VISAの楽天銀行でのデビットカードは、以下の3種類です。

  • 楽天銀行ゴールドデビットカード
  • 楽天銀行シルバーデビットカード
  • 楽天銀行ベーシックデビットカード

ゴールドは金色、シルバーは銀色、ベーシックは白で、サービス内容によってカラーが異なります。

楽天銀行ゴールド
デビットカード
楽天銀行シルバー
デビットカード
楽天銀行ベーシック
デビットカード
年会費(税抜) 5,000円 2,000円 無料

年会費もそれぞれ異なるので注意が必要です。付帯するサービスの違いについては、後ほど解説しますね。

楽天銀行デビットカード(Visa)

JCBの楽天銀行デビットカードは、1種類

楽天銀行デビットカード(JCB)は、年会費は無料で基本的に1種類です。カードデザインは通常の銀色と、楽天のマスコットキャラクター「お買いものパンダ」の2種類になっています。

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行のデビットカードの特徴は、お得な年会費や付帯特典の充実など

楽天銀行のデビットカードは、

  • 年会費無料のカードがある
  • VISAブランドの付帯サービスが充実している

など、大きな特徴があります。還元率は、どのカードも少なくとも1%、楽天市場での利用時は2%になることも見逃せません。

JCBと楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)は年会費無料

楽天銀行のデビットカードは、以下の2種類年会費無料です。

  • 楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)
  • 楽天銀行デビットカード(JCB)

VISA、JCBともに年会費無料のカードがあります。デビットカードにコストをかけたくない場合にオススメです。

VISAデビットカードのシルバーやゴールドは、付帯特典の充実も大きな特徴

楽天銀行デビットカード(Visa)は、シルバーとゴールドの場合、付帯特典が充実しています。

楽天銀行ゴールド
デビットカード
楽天銀行シルバー
デビットカード
楽天銀行ベーシック
デビットカード
付帯特典 ・1,000円利用で10ポイントの優待
・ショッピング保険年間最大30万円
・国内・国外旅行傷害保険最大1,000万円
・Visaゴールド優待特典
・1,000円利用で10ポイントの優待
・ショッピング保険年間最大30万円
・Visaゴールド優待特典
盗難補償のみ

シルバー、ゴールドに付帯のVisaゴールド優待特典は、VISAブランドのゴールドカード会員向けのサービスです。

主に以下の4種類があげられます。

  • Visaゴールド空港宅配1個500円(空港から自宅までの荷物宅配)
  • Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル20%オフ
  • Visaゴールド国際線クローク15%オフ(空港での手荷物やコート一時預かり)
  • VisaゴールドKaligo25%ボーナスマイルプレゼント(ホテル宿泊時のマイル特典)

シルバーとゴールドは、1,000円につき10ポイントのポイント付与もあります。実質の還元率は、2%でとてもお得です。

ゴールドには、旅行時のケガや事故などに対応の保険も付帯しています。旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持っていない場合は、ゴールドを選ぶと旅行中のトラブルも安心です。

楽天銀行デビットカード(Visa)

VISAの楽天銀行デビットカードは、タッチ決済対応

楽天銀行デビットカード(Visa)では、Visaのタッチ決済が利用できます。コンビニなどのカード加盟店で、カードをリーダーにかざすだけで支払いできるのです。

通勤や通学時など、急いでいる時でも、タッチ決済なら即座に完了するメリットがあります。

楽天銀行のデビットカードの、注意したい特徴

楽天銀行のデビットカードは、特典が充実しポイント還元率も高いのですが、注意したい点も3つあります。

  • 年会費がかかるカードもある
  • 楽天銀行では、ATMで預金する際に手数料がかかる
  • デビットカードなので、分割払いはできない

シルバーやゴールドのVISAデビットカードは、年会費がかかる

楽天銀行のVISAデビットカードのうち、

  • シルバー・・・2,000円(税抜)
  • ゴールド・・・5,000円(税抜)

年会費がかかります。特典が充実している代わりに、年会費も高額です。デビットカードにコストをかけたくない場合は、要注意です。

楽天銀行デビットカード(Visa)

楽天銀行は、預金に手数料がかかる

楽天銀行では、ATMで「3万円未満の入金をする」と入金手数料がかかります。手数料は入金するATMによって、216円か270円です。決して安くありません。

何度もATMで3万円未満の入金をすると、手数料がたくさんかかってしまいます。できる限りまとめて入金するのがよいですね。

ATMでの入金手数料を減らすには、「3万円以上を入金する」方法以外に2つあります。

  • 個人口座開設から6ヶ月間は、毎月最大7回無料でATMを使える
  • ハッピープログラムを利用し、「残高10万円以上または取引5件以上で月1回無料」などのATM手数料優待を利用する

楽天銀行でたくさん預金をしたり、宝くじや給与受け取りなどのハッピープログラム対象取引をしたりすると、ATM利用時の手数料は毎月最大7回まで無料にできるのです。

手数料一覧

ハッピープログラム

デビットカードは分割払い不可、一部支払いに使えないサービスも

デビットカードでは、支払いの度に口座から預金が引き落としになる1回払いです。クレジットカードとは異なり、分割払いができません

銀行残高に対し、一括購入するのが難しい高額商品などを購入するなら、クレジットカードを利用するのがオススメです。

楽天銀行のデビットカードでは、一部支払いに使えないサービスもあります。高速料金や楽天Edyへのチャージなどです。注意しておくようにしましょう。

デビット機能が使えない場合

コメント

タイトルとURLをコピーしました