三井住友VISAデビュープラスは25歳以下専用。将来ゴールドカードを持つ第一歩

クレカの種類

三井住友VISAデビュープラス(以下、デビュープラスと略)は、三井住友カードが発行するクレジットカードです。

25歳以下専用のカードであり、以下の特徴があります。

  • 学生でも三井住友VISAカードが持てる
  • 学生用と社会人用で、利用限度額が異なる
  • 26歳以降になると、「三井住友VISAプライムゴールドカード」へランクアップ可能
  • 「ワールドプレゼント」ポイントが通常の三井住友VISAカードと比べて2倍付与
  • 最速3営業日で発行可能
  • 国際ブランドはVISA指定
  • 空港ラウンジサービスや顔写真の印刷、旅行傷害保険のサービスはない
  • 1年間に1度も使わないと、年会費が請求される

三井住友VISAデビュープラスの特徴

デビュープラスは若年層を対象とするカードとして、さまざまな特徴があります。

主な特徴を3点取り上げ、解説します。

カードの基本的な機能

デビュープラスの基本的な機能は、以下の通りです。

項目 内容 備考
年会費(税抜) ・本会員1,250円
・家族会員400円
本会員は初年度無料、かつ年1回以上の利用で翌年度も無料
国際ブランド VISA
支払い方法 ・1回払い
・2回払い
・ボーナス一括払い
・リボ払い
・分割払い(3回~24回)
リボ払いと分割払いは、手数料が必要
・リボ払い:実質年率15.0%
・分割払い:実質年率12.00~14.75%
締め日と支払日 以下のいずれかから選択
・月末締め翌月26日払い
・15日締め翌月10日払い
追加カード ・ETCカード
・家族カード
・バーチャルカード
追加可能な
電子マネー
・iD
・WAON
・PiTaPa
Apple Payに対応
保険など お買物安心保険 ・年間100万円が上限
・国内購入分は、リボ払いまたは分割払いのみ対応

学生用と社会人用の2種類がある

デビュープラスには、学生用と社会人用の2種類あります。

それぞれの違いは、以下の通りです。

項目 学生用 社会人用
総利用枠 30万円以内 80万円以内
キャッシング利用枠 5万円以内 50万円以内

入会対象は、18歳から25歳まで

デビュープラスに申し込める方は、18歳から25歳まで

但し、高校生は申し込めません

また以下の場合は、親権者の同意が必要です。

  • 未成年者が申し込む場合
  • 25歳未満で、学生用カードとPiTaPaカードを同時に申し込む場合

三井住友VISAデビュープラスのメリット

デビュープラスは、25歳以下専用カードならではのメリットが4点あります。

それぞれのメリットについて、解説します。

学生でも三井住友VISAカードを持つことが可能

三井住友VISAカードの審査は厳しいですが、学生ならば学生用のカードを持つことが可能です。

Twitterの口コミ

26歳以降の更新時に「プライムゴールドカード」へ切り替え

デビュープラスは、26歳以降の更新時に「三井住友VISAプライムゴールドカード」へ切り替えが行われます。

25歳以下を対象とするカードでは、20代専用ゴールドカードへ切り替えられる唯一のカードです。

さらに30歳以上の更新時には、「三井住友VISAゴールドカード」へ切り替えがされます。

そのためデビュープラスを持つことで、厳しい審査を受けなくてもゴールドカードを手にできるのです。

ポイントプログラムも充実

デビュープラスを使うと、三井住友カードの「ワールドプレゼント」ポイントが付与されます。

ポイントは、クラシックカードの2倍

デビュープラスを使うと、税込1,000円につき2ポイントが貯まります。

これはクラシックカードの2倍であり、お得。

なお入会3ヶ月間は、税込1,000円につき5ポイントに増量されます。

利用する箇所により、ポイントが増量

デビュープラスではカードを利用した箇所により、別途以下の通りポイントが増量されます。

なかでもコンビニやマクドナルドなら、税込250円の支払額からポイントが付与される点は魅力的です。

利用箇所 付与されるポイント
セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルド 税込250円につき1ポイント増量
ポイントUPモールを経由して、ネットショッピングを行う ポイントが2~20倍になる

ココイコ!の活用で、さらにお得に

デビュープラスでは、「ココイコ!」も利用できます。

「ココイコ!」とは、事前エントリーしたあとに対象店舗でカードを使うと、ポイント増量またはキャッシュバックが選べるサービス。

ポイント増量の場合は2~3倍キャッシュバックの場合は0.5~1%の店舗が多いですです。

ポイントは、キャッシュバックやさまざまな商品などに交換可能

貯めたポイントはさまざまな商品はもちろん、商品券や他社ポイントなどにも交換可能

また200ポイント以上で、キャッシュバックも受けられます。

例えばキャッシュバックや金券に交換した場合は、以下の通りです。

交換先商品等 交換単位 交換できる額(ポイント還元率)
キャッシュバック 1ポイント単位
(最低200ポイント)
1ポイント=3円相当(0.6%)
三井住友VISAプリペイド 1ポイント
(最低200ポイント)
1ポイント=5円相当(1.0%)

上記に示す通り同じ1,000円の支払いでも、交換先によってポイント還元率は異なります。

ポイントの交換

最速3営業日で発行可能

デビュープラスはインターネットで申込ができ、最速3営業日で発行が可能

このため、忙しい方にも便利です。

入会の流れ

Twitterの口コミ

他の若年者用カードとの違い

三井住友カードでは若年者用カードとして、「三井住友VISAアミティエカード
も発行しています。

また一般カードには、クラシックカードもあります。

3つの違いは、以下の通りです。

デビュープラスが有利 ・プライムゴールドカードへの切り替えが可能
・2年目以降も年1回の利用で、年会費無料
・入会後3ヶ月間は、1,000円ごとに5ポイント付与
アミティエカードが有利 ・Mastercardを選択可能
・26歳以上でも入会可能
在学中は年会費無料
・家族カードは1枚に限り年会費無料
・海外・国内旅行傷害保険が付帯
カードに顔写真をつけられる
クラシックカードが有利 デビュープラス・アミティエに勝るメリットはない

上記に示すように、デビュープラスは以下の3点がメリットです。

  • 将来、プライムゴールドカードへ切り替え可能
  • 社会人になっても年会費を無料にできる
  • 入会後3ヶ月間は1,000円ごとに5ポイント付与

また、デビュープラスを持てる方なら、クラシックカードを持つメリットは特にありません

三井住友VISAデビュープラスのデメリットや注意点

デビュープラスを利用する上では、以下のデメリットや注意点があります。

空港ラウンジサービスや、旅行傷害保険がない

デビュープラスでは、以下のサービスを受けられません

  • 空港ラウンジサービス
  • 旅行傷害保険(国内・海外とも)

このため保険が必要な場合は、別途契約するなどの対応が必要です。

なお「三井住友VISAプライムゴールドカード」にランクアップした後は、上記に示すサービスを受けられます。

国際ブランドはVISAのみ

デビュープラスの国際ブランドは、VISAで指定されます。

Mastercardを希望する方はアミティエなど、他のカードを選ぶ必要があります。

在学中でもカードを使わないと、2年目から年会費がかかる

デビュープラスは1年間に1回も使わない場合、翌年度の年会費が必要です。

年会費を課金されないためには、気がついたときにカードを使うことがおすすめです。

カードに顔写真をつけられない

三井住友カードでは、カード発行時に顔写真を印刷するサービスがあります。

但しデビュープラスは対象外のため、顔写真はつけられません。

写真入りカードに取り替える

コメント

タイトルとURLをコピーしました