三井住友VISAクラシックカードの特徴・メリット・デメリット大解析

クレカの種類

三井住友VISAクラシックカード基本情報

国際ブランド VISA・MasterCard
年会費 1,250円(税抜)
※インターネット入会で初年度年会費無料
申込資格 満18歳以上(高校生不可)
ポイントサービス ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5%
追加カード ETCカード:年会費500円(税抜)
※初年度年会費無料
※1回以上のETC利用で翌年度年会費無料・家族カード:年会費400円(税抜)
※1人目:初年度年会費無料・バーチャルカード:年会費300円(税抜)
※初年度年会費無料
電子マネー iD・Apple Pay・WAON・PiTaPa

WEB入会で初年度年会費無料

三井住友VISAクラシックカードの通常年会費は1,250円(税抜)。ただし、三井住友カードのホームページから入会すると、初年度年会費が無料になります。

  • WEB入会:初年度年会費無料

また、下記3つのお得な年会費割引特典を利用すれば、翌年度以降の年会費も最大で無料にすることが可能。

  • WEB明細書サービスの利用で500円割引
  • マイ・ペイすリボの申込&1回以上の利用で年会費無料
  • カード利用金額に応じて翌年度年会費無料または半額

年会費割引特典について簡単に確認しておきましょう。

WEB明細書サービスの利用で500円割引

カードご利用代金WEB明細書サービス』とは、紙明細書に代えて次回の支払い金額がメールで届き、支払い明細をWEBで確認出来るサービスのこと。

出典:https://www.smbc-card.com/mem/oshiharai/wm_mail_top.jsp

このカードご利用代金WEB明細書サービスを申し込めば、三井住友VISAクラシックカードの年会費が500円割引となります。

マイ・ペイすリボの申込&1回以上の利用で年会費無料

マイ・ペイすリボ』とは、ショッピング1回払い利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法のこと。
マイ・ペイすリボを申し込み、年に1回以上利用すれば、三井住友VISAクラシックカードの年会費が無料となります。

カード利用金額に応じて翌年度年会費無料または半額

下記の通り、前年度のカード利用金額に応じて、三井住友VISAクラシックカードの年会費が無料または半額となります。

前年度のカード利用金額

  • 100万円以上300万円未満:半額
  • 300万円以上:無料

尚、前年度とは、年会費お支払日の前月締切日から12ヵ月さかのぼった期間のことです。

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/pop/benefit_01.jsp

貯まるポイントは還元率0.5%のワールドプレゼント

三井住友VISAクラシックカードの利用で貯まるポイントは、『ワールドプレゼント』。

1ヶ月のカード利用金額の合計1,000円(消費税含む)ごとに、1ポイントのワールドプレゼントが付与されます。

  • 1ヶ月の利用合計1,000円ごとに1ポイント付与

尚、ワールドプレゼントは1ポイント5円相当なので、還元率は0.5%

ポイント有効期限はポイント獲得月から2年間です。

  • ポイント還元率:0.5%
  • ※ワールドプレゼント1ポイント=5円相当
  • 有効期限:ポイント獲得月から2年間

貯まったポイントの使い道は200種類以上

貯まったワールドプレゼントは、三井住友カードホームページに記載の通り、景品へ交換したり、他社のポイントプログラムへ移行したりと、200種類以上の使い道があります。

出典:https://www.smbc-card.com/mem/wp/about_wp.jsp

主なポイントの移行先と移行レートは次の通りです。

移行・交換先 移行・交換レート(ワールドプレゼント⇒移行先)
楽天スーパーポイント 1ポイント⇒5ポイント
dポイント 1ポイント⇒5ポイント
Tポイント 1ポイント⇒4ポイント
nanacoポイント 1ポイント⇒4ポイント
ANAマイル 1ポイント⇒3ポイント
Amazonギフト券 1ポイント⇒5円

利用可能な電子マネーは4種類

三井住友VISAクラシックカードで利用可能な電子マネーは、

  • 三井住友カードiD
  • Apple Pay
  • 三井住友カードWAON
  • PiTaPaカード

4種類と豊富。

  • 三井住友カードiD

チャージ不要。携帯機器やカードをタッチして簡単にお支払いできる電子マネー

 

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/add/id/index.jsp

  • Apple Pay

iPhone 7やApple Watch Series 2以降のデバイスへ設定すると、iDマークのあるお店で利用できる電子マネー

 

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/add/applepay/index.jsp

  • 三井住友カードWAON

WAON加盟店で利用できる電子マネー。WAONポイントも貯まります。

※発行手数料300円

 

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/add/waon/index.jsp

  • PiTaPaカード

電車やバス、PiTaPaマークのあるお店で利用できる交通系ICカード。

 

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/add/pitapa/index.jsp

カードを守る最高水準のセキュリティー体制

三井住友VISAクラシックカードは、セキュリティが充実。

不正利用のリスクから常にカードを守ります

不正使用検知システムで24時間365日モニタリング

三井住友カードでは、業界最高水準の不正使用検知システムを導入。

24時間365日体制でカードのモニタリング(不審カード利用チェック)が行われています。

安全性UPの写真入りカードと取り替え可能

写真入りカード』とは、クレジットカードの裏面に顔写真が入り、顔写真による本人認証が行える安全性・利便性がアップするカードのこと。

 

 

出典:https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/photocard.jsp

この写真入りカードを希望する場合は、発行手数料無料で取り替え可能です。

万が一にも安心の不正利用補償

万が一不正利用されてしまった場合でも、三井住友VISAクラシックカードには不正利用補償があるので安心

カードの紛失・盗難の際、お届け日から60日前に遡ってそれ以降の損害を補償してもらえます。

  • 補償期間:不正利用被害のお届け日から60日前以降

出典:https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/cover-damage.jsp

三井住友VISAクラシックカードのメリット

三井住友VISAクラシックカードの嬉しいメリットを確認していきましょう。

年間利用額に応じたボーナスポイントで還元率もUP

三井住友VISAクラシックカードは、年間利用金額に応じて、下記の通りボーナスポイントが付与され、ポイント還元率もアップします。

年間利用額 ステージ ボーナスポイント ポイント還元率
50万円以上100万円未満 V1 50万到達時:50ポイント
以降10万円ごと:10ポイント
0.55%
(基本還元率:0.5%
ボーナスポイント還元率:0.05%)
100万円以上300万円未満 V2 50万到達時:75ポイント
以降10万円ごと:15ポイント
0.575%
(基本還元率:0.5%
ボーナスポイント還元率:0.075%)
300万円以上 V3 50万到達時:150ポイント
以降10万円ごと:30ポイント
0.65%
(基本還元率:0.5%
ボーナスポイント還元率:0.15%)

例えば、年間100万円以上利用した場合、三井住友VISAクラシックカードの翌年の還元率は基本還元率0.5%+ボーナスポイント還元率0.075%で0.575%にアップします。

大手3社のコンビニとマクドナルドでポイント5倍

全国のセブン‐イレブンファミリーマートローソンマクドナルドで三井住友VISAクラシックカードを利用すると、ワールドプレゼントが通常の5倍貯まります。

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/merit/proper_p5.jsp

ポイントUPモールでポイント最大20倍

ポイントUPモール』とは、三井住友カードが運営するショッピングモールのこと。

 

出典:https://pointupmall.com/

いつものネットショッピングの際、ポイントUPモールを経由するだけで、ポイントが通常の2~20倍貯まります。

ココイコ!利用でポイント増量orキャッシュバック

ココイコ!』とは、事前にエントリーして街でカードを利用すると、ポイントやキャッシュバックの特典がもらえるお得なサービスのこと。

出典:https://www.smbc-card.com/mem/service/gs/kokoiko_top.jsp

高島屋東急ハンズ、ビックカメラなど、利用できるお店はさまざま。

利用可能なショップの一覧は、ココナラ!ホームページから検索できます。

出典:https://kokoiko.smbc-card.com/

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯

三井住友VISAクラシックカードには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/pop/hoken_kaigai.jsp

ただし、利用付帯となるので、旅費などを事前に三井住友VISAクラシックカードで決済しておくことが必須です。

年間100万円までのお買物安心保険が付帯

三井住友VISAクラシックカードには、カードで購入した商品の破損や盗難を年間100万円まで補償してくれる、お買物安心保険が付帯されています。

補償の対象となるのは、海外での利用と国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)利用で購入した商品。

  • 補償対象:海外利用/国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)
  • 補償限度額:100万円
  • 自己負担額:1事故につき3,000円
  • 対象期間:購入日および購入日の翌日から200日間

三井住友VISAクラシックカードのデメリット

三井住友VISAクラシックカードの気になるデメリットについても確認していきましょう。

年会費がかかる

すでにお話した通り、三井住友VISAクラシックカードの年会費はWEB入会で初年度は無料となりますが、翌年度から1,250円(税抜)かかってしまうデメリットがあります。

年会費をなるべく安く抑えるため、ご説明した年会費割引特典を上手に利用していきましょう。

ポイント還元率が0.5%と低め

三井住友VISAクラシックカードは、年会費が1,250円(税抜)かかる上、通常ポイント還元率が0.5%と低め。

楽天カードリクルートカードなど、年会費永年無料でポイント還元率1.0%以上のクレジットカードもあるので、ポイントをがつがつ貯めていきたい場合には、残念なポイントと言えます。

旅行傷害保険が海外のみで、かつ利用付帯

三井住友VISAクラシックカードに付帯されているのは、海外旅行傷害保険のみ。国内旅行の保険は付いていません。

また、事前に旅費などを三井住友VISAクラシックカードで決済することが条件の利用付帯になっているので要注意です。

クラシックカード・クラシックカードAの比較

 

三井住友カードのスタンダードカードとして位置づけられている、三井住友VISAクラシックカード(以下、クラシックカード)と三井住友VISAクラシックカードA(以下、クラシックカードA)。

自分にとって最適な1枚を選ぶために、2つのカードの違いをしっかり把握しておきましょう。

比較項目 クラシックカード
クラシックカードA
年会費 1,250円(税抜) 1,500円(税抜)
家族カード年会費 550円(税抜) 400円(税抜)
海外旅行傷害保険 ○(※利用付帯) ○(※自動付帯・一部利用付帯あり)
国内旅行傷害保険 × ○(※自動付帯・一部利用付帯あり)

画像出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/index.jsp

旅行傷害保険を充実させたいならクラシックA一択

クラシックカードAの旅行傷害保険は、海外・国内共に付帯されています。

下記の通り、クラシックカードAの補償内容はクラシックカードよりも充実しているため、旅行傷害保険をより手厚くしたい場合は、クラシックカードAがオススメ。

【海外旅行傷害保険】

担保項目 クラシックカード クラシックカードA
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高2,000万円
自動付帯分:300万円
利用条件分:1,700万円
傷害治療費用 50万円 100万円
疾病治療費用 50万円 100万円
賠償責任 2,000万円 2,500万円
携行品損害 15万円 20万円
救援者費用 100万円 150万円

【国内旅行傷害保険】

担保項目 クラシックカード クラシックカードA
傷害死亡・後遺障害 なし 最高2,000万円
自動付帯分:300万円
利用条件分:1,700万円

ちなみに、クラシックカードAにもクラシックカードと全く同じ内容の年会費割引特典があるので、年会費を最大無料にすることが可能

そのため、年会費250円差も気になりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました