電子マネーとクレジットカードの違いを徹底解説

電子マネー

電子マネーとクレジットカードには、以下の通り10項目で違いがあります。

項目 電子マネー クレジットカード
支払い方法 前払い、後払い、即時払い 必ず後払い
サインの有無 不要 必要な場合が多い
審査  原則不要 必須
記名の有無 無記名で使えるカードがある 記名が必須
18歳未満の利用 不可
年会費  原則不要 必要なカードも多い
主な利用箇所 実店舗や自動販売機 実店舗やネット通販
盗難や紛失 残高を失う場合がある 届け出によって、不正使用分も補償される
購入した物品の補償  無し 補償制度を持つカードもある
返品時の扱い 現金で返金される場合もある 請求金額の減算で処理が基本

今回は、それぞれの違いについて解説します。

利用方法に違いがある

電子マネーとクレジットカードは、利用方法に違いがあります。ここでは主に3点取り上げ、解説します

支払い方法が異なる

電子マネーは以下の表に示す通り、前払いと後払いがあります。

支払い方法 代表的な電子マネー 備考
前払い nanacoWAONSuica楽天Edy 事前に入金が必要
後払い QUICPayPiTaPa 紐づけられたクレジットカードなどで支払い

またiDは、3種類の支払い方法が用意されています。

  • 前払い(d CARD プリペイドなど)
  • 後払い(クレジットカードに紐づけ)
  • 即時払い(SMBCデビット)

一方、クレジットカードは必ず後払いとなります。

「iD」をはじめる

決済時におけるサインの有無

電子マネーは店舗に設置されている端末にタッチすることで、決済が完了します。このためサインが不要で、少額の決済に向いています

Suica

QUICPay

一方でクレジットカードは、決済時のサインが原則。但し店舗によっては、カードの種類や金額を限定してサインを不要とする場合もあります。

アトレビューSuicaカードをご利用のお客さまへ重要なお知らせ

カードを持つための条件が異なる

カードを持つための条件も、それぞれ異なります。

クレジットカードは審査がある

電子マネーにはPiTaPaを除き審査がありません。後払い式の電子マネーでは、クレジットカードを持たない人でも、プリペイドカードやデビットカードに紐づけることで発行が可能。

QUICPay

一方でクレジットカードの場合は、審査に通過することが必須です。

前払い式の電子マネーは、無記名でも使える

前払い式の電子マネーには、記名式と無記名式から選べるものが多いです。一方でクレジットカードは表面に氏名がローマ字で印字され、裏面にサインをしなければなりません。

電子マネーは、小学生でも持てる

無記名式の電子マネーは、年齢制限がありません

WAON

またSuicaやICOCAなどでは、小学生用の記名式カードも発行しています。

My Suica

ICOCAとは?

一方でクレジットカードは、18歳未満や高校生では発行できません

初期費用や年会費にも違いがある

電子マネーとクレジットカードには、初期費用や年会費にも違いがあります。

電子マネーは年会費不要のものが多い

電子マネーは年会費がかからないことが原則。

但しPiTaPaは、1年間チャージ以外の利用がないと1,000円のPiTaPa維持管理料が必要です。

またカードによっては、発行費用やデポジットが必要な場合があります。

初期費用の項目 利用終了時 主なカードと初期費用
デポジット 返還される Suica500円)、ICOCA500円)
発行手数料 返還されない nanaco300円)、WAON300円)

クレジットカードは年会費を要するものも多い

クレジットカードには年会費無料のカードもありますが、一方で数百円から数千円の年会費を要するカードも多いです。

なかにはアメリカン・エキスプレス・カードのように、通常カードでも年会費が1万円を超えるブランドもあります。

カードを使える場所も異なる

電子マネーとクレジットカードでは、使える場所も異なります。

電子マネーは利用できる店舗や種類が指定される

電子マネーの場合、利用できる種類は店舗により異なります。そのため、自身が持っている電子マネーで支払えない場合も少なくありません

nanacoが使えるお店

WAONが使えるお店

一方でクレジットカードの多くは、国際ブランドと提携しています。

従って国際ブランドさえ対応していれば、どの店舗でも使えます。

自動販売機では電子マネーに軍配

自動販売機では、電子マネーに対応したものも増えています。

なかには電子マネー専用の自動販売機も登場。

一方でクレジットカードが使える自動販売機は、駅にある自動券売機が代表的ですが、そのほかは少ないです。

JR東日本「指定席券売機でできること」

ネット通販ではクレジットカードに軍配

ネット通販では、ほとんどがクレジットカードの支払いに対応しています。

一方で電子マネーでの支払いは「JRE MALL」などで対応していますが、クレジットカードよりは少ないです。

JRE MALL「FAQ」

いざという時の対応も異なる

電子マネーとクレジットカードでは、いざという時の対応にも相違があります。

盗難や紛失の場合、電子マネーの補償は限られる

カード自体を紛失したり、盗難に遭ったりした場合の扱いには、大きな違いがあります

電子マネーの場合、残高を全て失う場合もある

電子マネーの場合、残高を失うかどうかはカードにより異なります。利用停止措置ができるカードでは、停止処理が完了した時点での残高を新しいカードに移せます。

記名の有無 利用停止措置 備考
前払い式(記名式) 楽天Edyは不可
前払い式(無記名式) 不可 WAONは、所有者情報登録があれば可
後払い式

Suicaの場合

一方でカード利用停止前に使用された金額は、補償の対象となりません。但し後払い式の場合は、クレジットカード会社の補償が受けられる場合があります。

QUICPay「【QUICPay全般】紛失・盗難にあったとき」

クレジットカードでは、60日前にさかのぼって補償が受けられる

クレジットカードの場合は、カード会社に届け出をすることで、カードの利用が停止されます。また届け出をした60~61日前の日にさかのぼり、補償が受けられます。

JCBカードの場合

三井住友カードの場合

セゾンカードの場合

購入した物品の補償は、クレジットカードならでは

海外旅行で商品を購入した場合、クレジットカード決済なら補償が受けられる場合が多いです。また、国内で購入した物品の補償を受けられるカードもあります。

ダイヤモンド社「クレジットカードの「ショッピング保険」を比較!」

一方で電子マネーは、このような独自の補償制度はありません。

返金する際の扱いも異なる

返金する際の扱いも、電子マネーとクレジットカードでは異なります。

電子マネーの場合は、現金で返金される場合もある

電子マネーで購入した場合、返金方法には以下の2種類があります。

  • 電子マネーに返金
  • 現金で返金

どちらの返金方法になるかはケースにより異なるため、各店舗での確認が必要です。

ユニクロ「返金について(店舗購入商品)」

クレジットカードの場合は、請求金額の取り消しが原則

クレジットカードで購入した場合は現金で返金せず、請求金額の取り消しで対応することが原則。

但しタイミングによっては、一度購入金額を引き落とした後、次回以降の請求金額から差し引かれる場合もあります。

三井住友カード「クレジットカードの返金(キャンセル)処理の方法」

コメント

タイトルとURLをコピーしました