電子マネー付きクレジットカードは、サイン・暗証番号無しで支払いができる手間いらず

電子マネー

クレジットカードでの支払い方法は、カードを提示するだけではありません。

電子マネー付きクレジットカードを利用すれば、カード自体に付帯されている電子マネー機能や追加発行した電子マネーカードを使って支払うことも可能です。

今回は電子マネー付きクレジットカードのメリットオススメの電子マネー付きクレジットカードを紹介します。

クレジットカードに付帯される主な電子マネー

クレジットカードに付帯される電子マネーはたくさんありますが、主に以下の7種類が挙げられます。

【チャージ式電子マネー】

  • Suica
  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco

【後払い式電子マネー】

  • iD
  • QUICPay
  • VISA、Mastercard、JCBのタッチ決済

チャージ式電子マネーは「事前にクレジットカードや現金でチャージした金額分を利用可能」、後払い式は「支払額が後からクレジットカードの利用金額と合わせて請求」されます。

上記7種類のうち電車やバスへの乗り降りに使えるのはSuicaだけなので、通勤・通学に使いたい場合はSuica対応のクレジットカードを選ぶのがオススメです。

楽天EdyやiDなど、その他の電子マネーは普段利用している店で最も多く対応しているものを選べば日常生活での支払いに役立てることができます。

電子マネーはサイン・暗証番号不要で支払いができる

電子マネーのメリットは、「サインや暗証番号が不要」なことです。

クレジットカードはサインや暗証番号が必要で、お店で支払いに使う際に手間がかかることもあります。

しかし、クレジットカードに電子マネー機能があればお店のリーダーにカードをタッチするだけで完了するので、支払い時の手間を大幅に削減できるのです。

あわせてクレジットカードや電子マネー側ではポイントも貯まるので、一石二鳥といえます(電子マネーとクレジットカードのどちらに利用ポイントが貯まるかはカードにより異なる)。

Apple Pay対応カードならiPhoneやApple Watch経由での支払いもできる

Apple Payに対応しているクレジットカードは、iPhoneやApple Watchに登録することで電子マネーでの支払いを行えます。

iPhoneやApple Watchをお店のリーダーにタッチすることで支払い手続きを済ませられるのです。

クレジットカードの中には、通常の電子マネーには非対応でもApple Payなら電子マネー決済ができるものもあります。

例えばリクルートカードには通常電子マネーが非搭載ですが、Apple Payに登録すればQUICPayとして支払いに使うことができるのです。

▽詳しくはコチラ▽

リクルートカード

ビックカメラSuicaカードはSuica機能付き

ビックカメラSuicaカードは年会費477円(税抜、初年度無料)年1回の利用で翌年度の年会費が無料になるクレジットカード。

ビックカメラSuicaカードにはSuicaが付帯されているので、店舗での買い物だけでなく通勤・通学時の運賃も支払うことが可能です。

ビックカメラSuicaカードを展開するビューカードには、他にもたくさんのSuica付帯カードが用意されています。

中でもビックカメラSuicaカードは、最低限の条件で年会費を無料にできるので一番オススメです。

▽詳しくはコチラ▽

ビックカメラSuicaカード

オートチャージ対応、モバイルSuica年会費も0円に

ビックカメラSuicaカードはSuicaのオートチャージに対応していて、残高が設定額を下回ると自動的に駅の改札で指定金額がチャージされます。

Androidスマートフォンでおサイフケータイとして「モバイルSuica」を利用する際、通常1,000円かかる年会費を0円に抑えることも可能。

Suicaをより手軽、お得に使えるのもビックカメラSuicaカードの利点です。

Suicaチャージではポイント還元率が1.5%に

ビックカメラSuicaカードは通常1,000円の利用金額につき「JRE POINT5ポイント+ビックポイント5ポイント」の合計1%が貯まりますが、Suicaチャージで使えば1.5%のJRE POINTが還元されます。

JRE POINTは1ポイント単位でSuicaにチャージできるので、貯まったポイントをお得に無駄なく活用できるのも見逃せないメリットです。

三井住友VISAクラシックカードは、4種類の電子マネーに対応

三井住友VISAクラシックカードは年会費1,250円(税抜、初年度無料)で、以下4種類の電子マネーに対応しているクレジットカードです。

  • VISAのタッチ決済(標準搭載)
  • iD(専用カード、おサイフケータイ、カード一体型を選択可能)
  • WAON(専用カードの追加発行)
  • PiTaPa(関西エリア向けの交通系電子マネー、後払い式)

電子マネーサービスの充実度が高いので、日々の生活で役立てやすいのがポイントです。

▽詳しくはコチラ▽

三井住友VISAクラシックカード

貯めたポイントをiD残高として使える

三井住友VISAクラシックカードでは利用金額1,000円につき1ポイント(5円相当)の「ワールドプレゼント」が貯まります(0.5%還元)。

貯まったポイントは「iDバリュー」に1ポイント=5円のレートで交換することで、ID決済時の支払額から差し引くことが可能。

もちろん景品や他社ポイントなどと交換することもできますが、電子マネーを活用するならiDバリューへの交換がオススメです。

カードでのWAONチャージはポイント付与の対象外

三井住友VISAクラシックカードで注意したいのは、「カードからWAONチャージを行なった場合はチャージ額に対してポイントは付与されない」ということです。

あくまでWAONを手軽にチャージできるのみ。

ポイントの二重取り(クレジットチャージのポイント還元+WAON決済のポイント還元)はできないので要注意です。

楽天カードは年会費無料・楽天Edy付帯

楽天カードは年会費無料で、楽天Edyが付帯されているクレジットカード。

楽天Edyはチャージ式で、コンビニやスーパーなど様々な場所の支払いで活用できます。

楽天Edyを使えば「200円につき1ポイントの楽天スーパーポイント還元」などを受けられるので、支払いでポイントが貯まるのもメリットです。

▽詳しくはコチラ▽

楽天カード

Apple Payへ登録すれば、チャージ不要のQUICPayも利用可能

楽天カードをApple Payに登録すれば、iPhoneやApple WatchでQUICPayとしても利用できます。

QUICPayはチャージ不要で、さらに利用金額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイント還元を受けられるので楽天Edy以上に活用しやすいのがポイントです。

【注意】チャージでのポイント還元は0.5%になる

楽天カードから楽天Edyへクレジットチャージをする際、チャージに対するポイント還元率は0.5%(200円につき1ポイント付与)です。

楽天Edyも0.5%還元なので、「楽天カードから残高をチャージして楽天Edy決済をする」場合と「楽天カードで直接支払いをする」場合の還元率は変わりません。

楽天Edyは、あくまで手間を削減できる手段として考えた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました