クレジットカードでは、マイルとポイントのどっちも貯められる

クレカの比較

クレジットカードを利用すると還元を受けられますが、還元はカード会社独自のポイントでなく、ANAやJALなどの航空会社のマイルで受けることもできます。

マイルとポイントのどっちを貯めるべきか、それぞれのメリット・デメリットを踏まえつつ解説します。

クレジットカードでマイルを貯めるメリット・デメリット

クレジットカードでマイルを貯めるメリットは、以下の3つです。

  • 交換手続き不要で、直接マイルを貯められる
  • オプションなどで、マイル付与率を上げられるケースもある
  • フライトでボーナスマイルが貯まる

一方で、以下の2つのデメリットには注意が必要です。

  • 年会費やマイル交換のサービス料金が高くなりがち
  • 選んだカードにより、貯まるマイルが異なる

面倒な交換手続きが不要

マイルが貯まるクレジットカードなら、一旦カード会社のポイントを貯めてからマイルに交換する手続きが必要ありません

例えばJALカードの「普通カード」では、利用金額200円につきJALのマイルが1マイル貯まります。

デルタ航空利用者向けの「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」では、100円につきスカイマイル1マイルが貯まります。

手間をかけず、スムーズにマイルを貯められるのは大きなメリットです。

ただし、航空会社系のクレジットカードでも直接マイルを貯められない例外があり、例えばANAカードは一旦ポイントを貯めてからマイルに交換する手続きが必要です。

JALカード

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAカード

マイル付与率が高くなるオプション等もある

マイルを貯められるクレジットカードには、マイル付与率をさらに上げられるオプションが提供されているケースがあります。

利用すればマイルを貯めるスピードをさらに早められるので、利用して航空券等をお得に入手し、頻繁に旅行に行きたい場合に最適です。

例えば

JALカードの普通カードでは、年会費3,000円(税抜)の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会すれば、マイル付与率が2倍になります。(利用金額100円につき1マイル)

JALカードショッピングマイル・プレミアム

飛行機に乗れば、ボーナスマイルでマイルをお得に貯められる

マイルが貯まるクレジットカードを所有していれば、対象カードの場合フライト時にボーナスマイルも貯められます。ボーナスマイルと普段の生活費決済等で貯まるマイルを合わせれば、マイルはどんどん貯まります。

例えばJALカードで航空機に搭乗した際にもらえるボーナスマイルは、以下のとおりです。

普通カード、JALカード navi CLUB-Aカード(ゴールド含む)、JALダイナースカード、プラチナ
入会後、初回搭乗時 1,000マイル 5,000マイル
毎年の初回搭乗時 1,000マイル 2,000マイル
搭乗ごとに付与されるボーナスマイル フライトマイルの10%がプラス フライトマイルの25%がプラス

カードのグレードによって、もらえるボーナスマイルも変わってくる場合があります。

カードの年会費やサービス料金は高くなりがち

マイルが貯まるクレジットカードは、全体的に年会費やマイル付与率アップのためのサービス料金などが高めです。

例えば

JALカードは、普通カードでも2,000円(税抜)の年会費がかかりますが、マイルを2倍のペースで貯める場合は3,000円(税抜)の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」利用料がかかります。

マイルを貯めるための負担をかけたくない場合は、ポイントが貯まる年会費無料カードを使って、後からポイントをマイルに交換した方が良いです。

カードごとに、貯められるマイルが異なる

クレジットカードによって、貯められるマイルが異なります。

例えば

JALカードでは、JALのマイルしか貯まりません普段利用している航空会社のマイルが貯まるカードを作る必要があります。

クレジットカードでポイントを貯めるメリット・デメリット

クレジットカードでポイントを貯めるメリットは、自由に交換する景品を選べることです。反対にデメリットは、交換手続きが手間なことです。

ポイントは自由に交換でき、使い道が豊富

クレジットカードで貯めたポイントは、対象の景品を自由に選んで交換できます。カードの中には、ポイントをギフト券や提携ポイント、家電製品などの景品だけでなく、マイルに交換できるものもあります。

例えば

三井住友カードで貯められるワールドプレゼントは、1ポイント=ANAマイル3マイルのレートで交換可能です。また、ANAカードなら1ポイント=ANAマイル5~15マイルのレートで交換できます。

交換先が豊富で、状況に合わせて自由に選べるのが、ポイントを貯めるメリットです。

ワールドプレゼント

ANAカード

希望する景品への交換手続きが手間

クレジットカードでポイントを貯めるデメリットは、希望する景品に交換する手続きが必要なことです。WEBサイトなどで手続きをする手間がかかりますし、交換先によっては交換完了までの待ち時間も発生します。

例えば

三井住友カードで貯めたワールドプレゼントをANAマイルに交換する場合は、完了まで1週間ほどかかります

マイルとポイント、どっちを選ぶべき?

マイルとポイント、どちらが貯まるクレジットカードを選ぶべきかは、人によって異なります。マイルを貯めたいからといって、必ずしもマイルが直接貯まるクレジットカードを選べばよいわけではありません。

飛行機によく乗るならマイルが貯まるカード普段の生活でポイントを活用したいなら、ポイントが貯まるカードを選ぶのが良いでしょう。

飛行機に乗る機会が多いなら、マイルが貯まるクレジットカード

マイルが貯まるクレジットカードは、飛行機に頻繁に乗る人におすすめです。ボーナスマイルや生活費決済によるマイル還元で、すばやくたくさんのマイルを貯められるからです。

貯めたマイルを利用して航空券をお得に手に入れ、今後の旅行や出張などで活用してみてはどうでしょうか。

普段の生活でどんどん活用するなら、ポイントが貯まるクレジットカード

ポイントが貯まるクレジットカードは、それほど飛行機に乗る機会が多くなく、普段の生活でも貯めたポイントを活用したい人向けです。

  • Amazonギフト券
  • 家電量販店のポイント
  • 家電製品等とポイント

などを交換し、役立ててみてはどうでしょうか。

ポイントをマイルへも交換できる三井住友カードなどを選んでおけば、もしマイルが必要になったとしても対応できます

クレジットカードごとに交換できる景品は異なっているので、自分の欲しい景品が揃っているカードを選ぶことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました