クレジットカードとゴールドカード、それぞれの違いを比較しました

クレカの比較

一般のクレジットカードゴールドカードでは、以下の点に違いがあります。

  一般のカード ゴールドカード
特典内容 カード会社標準の特典 一般カードよりも種類が多く、お得な特典が多い
利用枠 100万円以下が多い 100万円以上も可能
社会的信用 特に高いとはいえない 一般カードよりは高い
電話窓口 全会員が利用できる電話番号のみ ゴールドカード専用の電話窓口が使える
年会費 無料のカードもある
有料でも1,000円台までがほとんど
ほとんどが有料
1万円を超えるカードも多い
申込可能年齢 18歳以上が多い 20歳以上が多い
一部30歳以上のカードもある
審査 安定した収入があり、信用情報に問題がなければ通過する場合が多い 安定した収入かつ、最低でも200万円程度は審査通過のために必要

 以下、項目ごとに分けて比較します。

ゴールドカードとは?その特徴を解説

ゴールドカードは、以下の特徴を持つクレジットカードです。

グレードが高い

 ゴールドカードは、一般カードよりグレードがワンクラス上のクレジットカードです。年会費は高額となり、審査も厳しい場合が多くなっています。その一方、一般カードよりも特典は多種多様

 マイナビの比較記事

表面が金色の場合が多い

ゴールドカードはその名の通り、表面が金色の場合が多いです。これは一般カードの表面が各社さまざまである点と対照的。

マイナビの比較記事

ゴールドカードの入手方法は主に2通り

ゴールドカードを持つ方法は、以下のどちらかが主流です。

  • 一般カードから切り替えの手続きを行う
  • 直接ゴールドカードを申込む

年会費は原則として有料、かつ一般カードと比べて高額

一般カードは、年会費無料のカードも多数あります。また年会費が有料の場合でも、1,000円台までが多いです。 

一方でゴールドカードの年会費ほとんどが有料で、安くても数千円、高いと1万円を超える場合も少なくありません

但しゴールドカードによっては、初年度に限り年会費が無料というカードもあります

マイナビの比較記事

年会費には3種類の区分がある

ゴールドカードの年会費は、おおむね以下の3種類に分けられます。

年会費額 特徴やカードの例
2,000円~3,000円前後 いわゆる「格安ゴールドカード」。
MUFGカード ゴールドOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDSuMi TRUST CLUB エリートカードなど 
3,000円~6,000円前後 20代限定のカードに多い。安価だが、付帯サービスや補償が充実。
JCB GOLD EXTAGE三井住友VISAプライムゴールドなど
1万円以上 本格的なゴールドカード。
JCBゴールドカード三井住友VISAゴールドカードSuMi TRUST CLUB ゴールドカードなど

マイナビ「20代限定のゴールドカード」

格安ゴールドカードは、年会費1万円以上のカードに比べて、以下の通り機能が限定される場合が多いです。

  • 利用できる空港ラウンジが少ない、または利用不可
  • 旅行傷害保険やショッピング保険などの補償額が少ない
  • ゴールドカード会員専用の電話が設けられていない
  • 利用枠が絞られる

招待制なら、年会費無料の場合もある

ゴールドカードには、招待制のものもあります該当するカードのうち、以下のカードは年会費が無料です。

カード名 招待基準 備考
イオンゴールドカード カードショッピング100万円以上が目安  
エポスゴールドカード 非公表
但し、目安は年間50万円以上
招待なしで入会の場合は、年会費5,000
セブンカード・プラス(ゴールド) 非公表
但し、目安は年間100万円以上
 

 
Zaiの記事
 
一方で、特典内容は以下の通りさまざまです。 

カード名 特典内容
イオンゴールドカード ・羽田、成田など、国内6空港のラウンジが無料
・イオン各店に設置の「イオンラウンジ」が利用可
・各種保険が無料で付帯
エポスゴールドカード 一般的なゴールドカードと同様の特典
セブンカード・プラス(ゴールド) ・ショッピングガード保険(国内)が付帯
・年会費500円(税抜)が永年無料

一般のクレジットカードとの違い

ゴールドカードは一般のカードと比較して、以下に示す違いがあります。

マイナビの比較記事

特典が多種多様

ゴールドカードを持つ方は、以下のように多種多様な特典が受けられます

特典の項目 特典の内容
空港のラウンジ 指定された空港に設置されているラウンジが利用できる
レストランなどの提携施設 ・無料、または割引価格での利用
・特典がつく
・優先的に予約できる
ポイント 一般カードよりもポイント付与率が高い
また、ポイントの有効期間も長くなる
保険の補償額 カードに付帯する保険の補償額が、一般カードと比べて高額となる

Zaiの記事

利用枠が多くなる

ゴールドカードは、100万円を超える高額な利用枠を得られる場合も多いです。一般カードと比べて高額なため、多額の買い物でもカード決済が可能。

高い信用が得られる

ゴールドカードを所持できることは、それだけの経済力を持っていることを示していますこのため、高い信用が得られるのです。

特に海外旅行の際には、ホテルや店舗などでスムーズなサービスを受けやすいです。

ゴールドカード会員専用の電話窓口を利用できる

年会費1万円以上のゴールドカードでは、専用の電話窓口を利用できることが多いです。専用の電話窓口は一般向けの窓口よりも待たされず、かつ丁寧なサービスが期待できます。

ゴールドカードのデメリット

ゴールドカードは一般のクレジットカードよりもメリットは多いです。一方で、もちろんデメリットもあります。主なポイントを3取り上げ、解説します。

一般カードと比較して、年収の条件や審査が厳しい

ゴールドカードは、一般カードと比べて審査が厳しくなっています。

このため一般カードをお持ちの場合でも、ゴールドカードの審査に通るとは限りません。但し最近は年収300万円以上であれば、多くのゴールドカードで審査に通過する場合が多いです。

特に格安ゴールドカードでは契約社員やフリーターの方、また年収200万円前後の方でも審査に通過する場合があります。

SuMi TRUST CLUB エリートカード

年齢制限が一般カードよりも厳しい

一般カードは18歳以上で申し込めるものが多いです。一方、ゴールドカードを申し込める年齢はさまざま。20歳や22歳以上とする場合や、なかには30歳以上を条件とするカードもあります。

dカードGOLD(申込は20歳以上)

JCBゴールドカード(申込は20歳以上)

SuMi TRUST CLUB エリートカード(申込は22歳以上)

三井住友VISAゴールドカード(申込は30歳以上)

一般のクレジットカードとゴールドカード、どちらがおすすめ?

ここまで、一般カードとゴールドカードについて比べ、解説しました。それぞれおすすめする方は、以下の通りです。

一般のクレジットカードを推奨する方

一般カードを推奨する方は、以下の通りです。

  • 年会費をなるべく抑えたい方
  • カードをあまり使わない方
  • 年収が少ない方

ゴールドカードを推奨する方

ゴールドカードを推奨する方は、以下の通りです。

  • 特典に魅力を感じ、ぜひ使ってみたいと思う方
  • 高額な利用枠を希望する方
  • 上質なサービスを受けたい方
  • 旅行や出張が多い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました