年会費無料のクレジットカードにも、還元率が高いものがある

クレカの比較

年会費無料のクレジットカードだからといって、必ずしもポイント還元率が低いわけではありません。

  • 年会費無料
  • ポイント還元率が1%以上で、高還元

以上2つの条件を満たしているクレジットカードの種類や、利用のメリット・デメリットを解説します。

年会費無料で、還元率が高いクレジットカードがある

年会費無料のクレジットカードでも、還元率が高いものがたくさんあります。特に還元率が高い、以下の4つのカードを見ていきましょう。

  • 1.25%還元のREX CARD
  • 1.2%還元のリクルートカード
  • 6ヶ月間2%、7ヶ月目〜1%還元のOrico Card THE POINT
  • 楽天市場で3%以上還元、通常1%還元の楽天カード

REX CARDは還元率1.25%

REX CARDは、クレジットカード会社のジャックスが展開している高還元・年会費無料のクレジットカード。

月間の利用金額2,000円ごとに25ポイントが還元され、リボ払いまたはネットでの買い物時に「JACCSモール」を利用すれば、35ポイント還元されます。

通常でも1.25%、最大1.75%もの高還元を受けられる、年会費無料クレジットカードとしては最大クラスの還元率がREX CARDの魅力。

貯めたポイントは1,500ポイントごとに、以下の2つのいずれかに引き換えられます。

  • 1,500円分の支払額値引き(Jデポ)
  • ANAマイル300マイル

徹底的に還元率の高いクレジットカードを使いたい場合、おすすめです。

REX CARD

リクルートカードは還元率1.2%

リクルートカードは、人材派遣や総合通販サイト・ポンパレモールなどの事業を展開しているリクルートのクレジットカードで、年会費無料です。

リクルートカードは通常還元率が1.2%で、さらにポンパレモールで使えば4.2%、じゃらんで旅行予約などに使えば3.2%といった高還元になります。

月間3万円までは、以下の4種類の電子マネーチャージで1.2%還元を受けられることも見逃せません。

  • nanaco
  • 楽天Edy(JCBは対象外)
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA(JCBは対象外)

貯めたポイントはポンパレモールなどのリクルート系サイトでの支払いに使えるだけでなく、Pontaポイントに交換してローソンなどで使うことも可能です。

なお、Pontaポイントはdポイントとの相互交換に対応しています。dポイントに交換し、dポイント加盟店で使うこともできるため、利便性が高いことも覚えておきたい点です。

リクルートカード

Orico Card THE POINTは、6ヶ月間還元率2%

クレジットカードやローンなどのサービスを展開しているオリコのクレジットカード・Orico Card THE POINTは、年会費無料通常1%還元のクレジットカードです。

100円につき1ポイント貯まるオリコポイントですが、入会から6ヶ月間は還元率がもれなく2%にアップします。

引っ越しに伴う新しい家電製品の購入など、これから高額な出費が控えている場合には、Orico Card THE POINTヘ入会するのがオススメ。

また、ショッピングモールサイト「オリコモール」を経由してネットショッピングをすれば、さらに還元率を高めることも可能です。(Amazonで+0.5%など)

貯めたオリコポイントは、500ポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコード500円分に即時交換できるなど、交換先が豊富で使いやすいのも魅力です。

Orico Card THE POINT

楽天カードは、楽天市場で使えば還元率が高くなる

楽天カードは、大手通販サイト・楽天市場などを展開している楽天のクレジットカードで、年会費無料です。

楽天カードでは、通常利用金額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイント還元を受けられますが、楽天市場で使えばポイント3倍(3%還元)など、還元率がさらに高くなります。

貯めた楽天スーパーポイントは、楽天ポイント加盟店や楽天市場などで使ったり、楽天Edyと交換して楽天Edy加盟店で使ったりできます。

楽天系サービスを使う機会が多い方は、楽天カードを使いこなしやすいでしょう。

楽天カード

還元率が高い年会費無料クレジットカードを使うメリット

年会費無料、さらに還元率が高いクレジットカードを使えば、以下の2つのメリットを得られます。

  • 金銭的な負担なく、ポイントをたくさん貯められる
  • 使い道を絞っても問題ない

金銭的な負担無しでポイントをたくさん貯められる

年会費無料・還元率が高いクレジットカードは、持ち続けても金銭的負担は発生しません

いくら還元率が高くても、年会費などの金銭的負担があると、元を取るまでの利用金額・付与ポイント分が事実上損になってしまう可能性もあります。

年会費が無料なので、特定の場所でのみ使うことも可能

年会費無料なら維持費がかからないので、自由なペースで使えます。

結果として、例えば「普段使うカードはOrico Card THE POINT、楽天市場では3%還元の楽天カードを使用する」など、場所を絞って利用するのにも役立ちます。

ただし、クレジットカードのポイントには有効期限があるので、特定の場所でしか使わないクレジットカードは、ポイントの期限切れに注意を払うことが大事です。

還元率が高い年会費無料クレジットカードのデメリット・注意点

ポイント還元率が高く、年会費無料のクレジットカードには、以下の3つの注意点・デメリットがあります。

  • ポイントの還元条件によっては、かえって損になることも
  • ポイントの交換先が少ないと、使いづらい可能性あり
  • 保険など、その他の特典が充実していないケースもある

高還元クレジットカードは、ポイントの還元条件に注意

ポイント還元率が高くても、ポイントが貯まる利用金額の単位が大きいと、人によっては使いづらいです。

例えば今回紹介したREX CARDは「利用金額2,000円につき1.25%還元」です。

毎月1,999円まではポイント加算の対象外になってしまいますし、2,000円単位でしか還元されません。お得にポイントを貯めたい場合は、利用金額の調整に注意が必要です。

人によっては利用金額の確認・調整を面倒に感じる可能性がありますし、ポイントをお得に貯めるために無駄な買い物をし、結果的に損になることもあります。

年会費無料・高還元なクレジットカードを申し込む際は、自分の使い方に合うポイントの貯まり方かどうかを確認するのが大事です。

ポイントの交換先が自分に合うか確認する

せっかくたくさんポイントを貯められても、交換できる提携ポイントやギフト券、景品などが自分にとって使いづらければ意味がありません。

例えば楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントは、楽天ポイント加盟店や楽天市場などを使わない人にとって、使いづらいです。

一方REX CARDで貯めたポイントと交換できるJデポは、クレジットカードの請求額に充当できるので、誰にとっても役立ちます。

カードの申し込み時は、年会費無料・還元率が高いことに加えて、ポイントの使いやすさも重視してください。

保険などの特典は充実しないこともある

高還元で年会費無料のカードの中には、旅行傷害保険などの特典が充実しないものもあります。例えばOrico Card THE POINTには、旅行傷害保険がありません

他の特典も重視する場合、申し込み前にカードの付帯サービスをしっかり確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました