ANAカード(一般カード)はマイル以外の特典も魅力的

クレカの種類

ANAカードは三井住友カードまたはJCBが、ANAと提携して発行するクレジットカードです。

 主な特徴は、以下の通り。

  • 入会初年度は年会費無料で、1,000マイルが付与
  • ANAの利用やカードの継続で、マイルがたくさん貯まる
  • カード会社のポイントから、マイルに移せる
  • ANA会員限定の「ビジネスきっぷ」「プレミアムビジネスきっぷ」が購入可能
  • ANA航空券の先行予約が可能
  • ANAグループの機内販売や店舗、通信販売などで510%の割引
  • ANAのパッケージツアーが5%の割引
  • カード会員限定のイベントに参加可能
  • ANA SKY コインへの交換が優遇

それぞれの特徴について、詳しく解説します。

ANAカードの基本的な情報

ANAカードは、さまざまな特徴を持つクレジットカードです。ここでは国際ブランドや年会費など、基本的な情報を解説します。

国際ブランドはVISA、Master、JCB

ANAカードの国際ブランドは、3種類から選べます。国際ブランドにより、カード発行会社は異なります。

国際ブランド カード発行会社
VISA、Master 三井住友カード
JCB JCB

年会費有料だが、初年度の年会費は無料

 ANAカードは以下の通り、入会2年目以降は年会費が必要です。

会員種別 初年度年会費 2年目以降年会費
本会員 無料 2,160
家族会員 無料 1,080

 ANA一般カード

楽天Edyなど、複数の電子マネーが使える 

ANAカードでは、以下の電子マネーが利用できます 

国際ブランド 標準搭載 追加可能
VISA、Master 楽天Edy、三井住友カードiD  
JCB 楽天Edy QUICPay

カードの種類

旅行傷害保険は海外と国内で異なる

ANAカードには、旅行傷害保険がついています。ANAカードで購入しない場合や、ANAに搭乗しない場合でも自動で補償が適用されます。但し補償内容は、海外と国内で異なります

項目 海外旅行保険 国内旅行傷害保険
補償期間 以下のどちらか短い方

  • 出発から帰宅まで
  • 日本出国の前日0時から、帰国の翌日24時まで
航空機搭乗中または空港滞在時のみ
傷害による死亡 1,000万円 1,000万円
傷害による後遺障害 40万円~1,000万円 40万円~1,000万円
救援者費用 年間で100万円以内 なし
携行品損害 なし なし

マイルの増量や割引が受けられる

ANAカードには、お得な特典が多数用意されています。ここでは主にマイルと割引について、詳しく解説します。

マイルをより多く貯められる

ANAカードを以下の方法で利用すると、マイルを貯められます。

利用方法 付与マイル 備考
入会時・継続時 1,000マイル  
ANA搭乗時 区間マイルの10%を割増し  
ANA航空券の購入、機内販売 100円につき1マイル  
ANAカードマイルプラス加盟店での利用 100円~200円につき1マイル  
カード搭載の楽天Edyでの支払い 200円につき1マイル Edyマイルプラス対象の場合は、200円につき2マイル

特にANA航空券の場合は、購入時と搭乗時にそれぞれマイルが付与されるため、ダブルでお得です。

カード会社のポイントから、マイルに移行できる

ANAカードでクレジット決済すると、マイルと別にクレジットカード独自のポイントが貯まります。各カードとも、1,000円につき1ポイントが貯まります。

国際ブランド ポイントプログラム
VISA、Master ワールドプレゼント
JCB Oki Doki ポイント

ポイントは豊富な商品のほかに、ANAのマイルへ移行することも可能

1ポイント当たりの交換レートは、以下の通りです。

ポイントの種類 獲得ポイント ボーナスポイント
プレミアムポイント
10マイルコース申込みなし
5マイルコース)
5マイル 3マイル
10マイルコース申込みあり 10マイル 3マイル

但し10マイルコースへの申込みは有料で、1年ごとに以下の費用がかかります。

カード会社のポイントで貯める

機内販売や空港内外の店舗で割引

一般カード会員は、機内販売や以下の店舗で割引が受けられます。

店舗名 割引率 備考
ANA機内販売 10
  • ANA運航便のみ
  • 国際線は20万円、国内線は85,000円が上限
  • 単価1,000円以上の商品が対象
ANA FESTA 5 お買い上げ金額が1,000円以上に限る
ANAグループ空港免税店 5 成田、羽田、関西、那覇の各空港の制限エリア内
高島屋SHILLA&ANA 5  

会員優待割引

パッケージツアーなども割引

ANAの一般カード会員は、以下に示すツアーやサービスの割引も受けられます。

店舗名 割引率 備考
ANAのツアー商品 5
  • ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアースが対象
  • 100円未満の端数は切り上げ
ANAショッピング「A-Style 5  
ANAビジネスソリューション公開講座受講料 15  

会員優待割引

カード会員限定の特典もある

ANAカードはマイル増量や割引以外にも、さまざまな特典があります。主な特典を2取り上げ、解説します。

ビジネスきっぷを購入できる

ANA国内線では、搭乗当日の予約・変更が可能でありながら、お得な2枚つづり「ビジネスきっぷ」「プレミアムビジネスきっぷ」を発売しています。

この航空券は、ANAカード会員専用一般のANAマイレージクラブ会員は、当日になるとANA FLEXの購入となるため、ANAカードの利用でお得に旅ができます。

なおANAでは20181028日より、片道運賃や往復運賃は発売していません。

航空券の予約開始日が、一般会員よりも早い

ANAカード会員なら、ANA航空券の予約開始日が一般の方よりも早くなっています。20188月の場合は、ANAマイレージクラブ会員よりも1日、一般の方よりも2日早く予約できました。

ANAのプレスリリース

NAVITIMEの記事

ANAカード会員限定のイベントに参加可能

ANAカードを持っていれば、会員限定のイベントに参加できます。参加にはマイルが必要なものが多いが、なかには参加費無料のイベントもあります。イベント情報は随時「イベント掲示板」で公開されます。

マイルの交換方法

ANAカードでは、貯まったマイルの交換にも優遇があります交換先の紹介も含めて、解説します。

交換先は大きく分けて6種類

 

マイルの交換先には、大きく分けて以下の6種類があげられます。

交換先 交換可能な商品の詳細 備考
特典航空券 ANA国内・海外航空券
提携他社航空券
必要なマイルは、区間や時期で異なる
国際線のアップグレード 12,000マイルから利用可  
ANA SKY コイン 1マイルから交換可 1万マイル以上の交換は、レートが上がる
ANA ご利用券 1万マイルで、5,000円の利用券が2 有効期限は1年後の末日
賞品への交換 ANAセレクションA-Styleで好みの商品に交換可 ANAセレクションの場合は1万マイル以上必要
Edyなど、他社のポイント 原則、1万マイル=1万他社ポイント 年度内で3万マイル以上は、交換レートが半減

2万マイル以上をSKYコインに交換すると、レートが優遇

ANAカード会員が2万マイル以上をANA SKY コインに交換すると、一般の方よりも交換レートが優遇されます。

交換マイル数 交換レート
2万マイル 1.3倍
3万マイル 1.4倍
4万マイル以上 1.5倍

一般の方は1万マイル以上の交換で1.2倍のため、ANAカード会員はお得に交換可能です。

マイルからANA SKY コインに交換

コメント

タイトルとURLをコピーしました