アメリカンエキスプレスビジネスカードは、個人事業主にうれしい機能が豊富

クレカの種類

AMERICAN EXPRESSでは、個人事業主向けに「アメリカンエキスプレスビジネスカード」(以下AMEXビジネスカード)を発行しています。

AMEXビジネスカードの特徴は以下の通りです。

  • ビジネス情報サービスなど個人事業の運営に役立つサービスが利用できる
  • 年会費は経費にできる
  • 個人事業主でも企業向けの福利厚生サービス「クラブオフ」が利用可能
  • 出張や旅行のサービスはJAL法人専用運賃の利用が可能などビジネス向けにシフト
  • 空港ラウンジが利用できる箇所は一般向けの「AMEXカード」よりも少ない
  • 旅行傷害保険はAMEXカードよりも治療費の補償額が手厚い
  • 支払方法は一括払い又はリボ払いの2択
  • リボ払いの最低支払額は25,000円と高め

ここでは、AMEXビジネスカードの特徴について紹介していきます。

入会を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

AMEXビジネスカードの機能と特徴

AMEXビジネスカードの主な機能は以下の通りです。

項目 内容 備考
年会費 12,000円(消費税別)
利用限度額 審査の上、AMEXが個別に設定 カード自体の上限額は設定していない
支払方法 一括払い、リボ払い
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント付与率 100円ごとに1ポイント
(1ポイント=0.3~0.4円相当)
旅行傷害保険の補償額 国内・海外とも最高5,000万円
治療費の補償は最高300万円
いずれも利用付帯
ショッピング・プロテクション 最高500万円 自己負担額1万円
リターン・プロテクション 1商品3万円、年間15万円まで
但し5,000円未満の商品は対象外
個人利用の目的に限る

ポイントは、一度交換すると有効期限が無期限になるのが特徴。

交換レートはメンバーシップ・リワード・プラスに入会すると2~3倍程度になりますが、年間3,000円(税抜き)かかります。

AMEXカードとの違い

AMEXビジネスカードには、給与所得者でも申し込めるAMEXカードと比べると以下の違いがあります。

カードに付帯する旅行サービスは、AMEXビジネスカードとAMEXカードでは内容が異なるものが多いのが特徴です。

項目 AMEXビジネスカード AMEXカード
支払方法 一括払い、リボ払い 一括払い、リボ払い
分割払い、ボーナス一括払い
空港ラウンジ 国内外29ヶ所の空港ラウンジが無料で利用できる ・国内外29ヶ所の空港ラウンジが無料で利用できる
・その他のラウンジも「プライオリティ・パス」の利用により、1回当たり32アメリカ・ドルで利用可能
JAL割引運賃 JAL法人専用運賃「eビジネス6」の利用が可能 JAL法人専用運賃は利用できない
旅行傷害保険による治療費の補償 最高300万円 最高100万円
福利厚生サービス クラブオフが利用可 カードに付帯するものは無い

AMEXビジネスカードは、個人事業主に役立つメリットが多い

AMEXビジネスカードは、個人事業主に役立つメリットを多く備えているのが特徴。

ここでは主なメリットについて解説していきます。

事業運営に役立つサービスを提供

AMEXビジネスカードには、

  • 「ビジネス情報の利用」
  • 「経理の支援」

といった事業運営に役立つサービスが複数用意されています。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」が無料で利用できる

「ジー・サーチ」は、帝国データバンクや東京商工リサーチなどからビジネス情報を利用できるサービス。

AMEXビジネスカード会員は、ジー・サーチを無料で利用できます。

利用可能な情報の一例は以下の通りです。

  • 企業情報
  • 入札・落札公告情報
  • 人物情報
  • 新聞・雑誌に掲載された記事

年会費を経費として計上でき、節税に役立てられる

AMEXビジネスカードの年会費は事業の経費に計上が可能です。

年会費を全額経費にできれば、所得税だけでなく以下の税金や保険料も軽減できます。

  • 住民税
  • 国民健康保険料
  • 個人事業税

AMEXビジネスカードを利用することで、年間数千円程度の節税が実現できる場合もあるんです。

会計ソフトへの連携も楽

AMEXビジネスカードの利用情報は、クラウド会計ソフト「freee」へ自動的に取り込むことが可能。

経理や決算業務に慣れていない方でも簡単に利用することができます。

カードの利用明細はCSVやExcel形式でダウンロードできるので、いちいち手で1件ずつ入力せずまとめて会計ソフトに入力することが可能です。

ライフサポート・サービス「クラブオフ」が無料

AMEXビジネスカード会員は企業の福利厚生サービスの1つ「クラブオフ」を登録料無料で利用可能。

ホテルやレジャー施設など75,000以上の契約施設で優待が受けら、施設以外にも

  • 家事代行
  • 冠婚葬祭
  • 法律相談
  • 通信教育

といったサービスも優待の対象になっています。

パッケージツアーをクラブオフ経由で申し込むと最大10%の割引が受けられるのも見逃せないポイントです。

▽詳しくはコチラ▽

クラブオフ「ツアー・航空券」

クラブオフ「ライフサポート」

クラブオフ「学ぶ」

ビジネスや出張の際も、便利なサービスを活用できる

AMEXビジネスカードでなら、ビジネスや出張の際にも便利なサービスを利用できます。

AMEXビジネスカード付帯のサービス

AMEXビジネスカードでは、以下のサービスが利用可能です。

サービス名 特典内容
アメリカン・エキスプレス JALオンライン 国内線のJAL法人専用運賃「eビジネス6」の利用が可能
空港ラウンジ ・国内外29空港のラウンジを無料で利用できる
・同伴者1名も利用可能
オーバーシーズ・アシスト 海外のレストラン選びやゴルフ場の予約、病気やケガ、旅程変更などの対応を、日本語で毎日24時間対応
手荷物無料宅配サービス 海外出張での出発・帰国の際、スーツケース1個を無料で配送(自宅と羽田、成田、中部、関西空港との間)

クラブオフの活用で優待されるサービス

先ほど紹介したクラブオフでは、以下のビジネスサポートサービスが優待料金で利用できます。

  • 貸会議室の利用
  • セミナーの受講(コーチングやアンガーマネジメントなど)
  • 整体

▽詳しくはコチラ▽

ビジネスサポート

AMEXビジネスカードのデメリット

個人事業主にうれしい機能が満載のAMEXビジネスカードですが、いくつかデメリットもあります。

支払方法は一括払いまたはリボ払いに限定される

AMEXビジネスカードの支払方法は、一括払いまたはリボ払いに限定されてしまっています。

また、リボ払いの使い勝手はAMEXカードよりも悪いのが難点です。

▽詳しくはコチラ▽

AMEXビジネスカード利用規約

AMEXカード利用規約

分割払いやボーナス一括払いは利用できない

AMEXビジネスカードの規約には「ボーナス一括払い、分割払い特約」がありません。

分割払いやボーナス一括払いが利用できないので、高額な買い物には不向きといえます。

リボ払いは利用できるが月々の返済額が高額

AMEXビジネスカードには「ペイフレックス あとリボ for Business」サービスがあり、リボ払いが利用できます。

ただし、事業用のものでないとリボ払いでの購入ができないのが難点。他にも、リボ払いには以下のデメリットがあります。

  • 入会直後は利用できない
  • 月々の最低支払額が25,000円と高額

旅行に関するサービスは、AMEXカードよりも少ない

AMEXビジネスカードでは、海外用レンタル携帯電話の割引サービスを受けられません

AMEXカードには国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを32アメリカ・ドルで利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」サービスがありますが、AMEXビジネスカードは対象外のため利用できる空港ラウンジが少ないのもデメリット。

コメント

タイトルとURLをコピーしました